トップへ戻る

ニュース・博識甲子園(全国高等学校総合クイズ大会)

GREETING代表あいさつ(学校関係者・保護者の皆様へ)

一般社団法人日本クイズ協会 代表理事齊藤喜徳

高校生の皆さんへ

クイズに取り組む全国の高校生の皆さん、日頃の努力、鍛練の成果を発揮する晴れの舞台、その名も「ニュース・博識甲子園:全国高等学校総合クイズ大会」が開催されることになりました。

この大会では、その名のとおり新聞やニュースサイトを中心に、テレビ、ラジオ、雑誌、SNSなど様々なメディアの情報発信を通じて身に着けることができる「最新のニュース」、学校の勉強だけではない社会に根差した幅広く良質な知識や教養=「博識力」を問うクイズが出題されます。

皆さんには、そうしたクイズに答えることで「フェイクニュースに騙されないニュースを読む力」と「情報を見極め取捨選択しながら活用し時には自ら発信する力」、すなわち「メディアリテラシー」を養ってもらいます。

日頃、皆さんがクイズを楽しむとき無意識に行っている、「幅広く知識を増やして覚える」「詳しく調べて理解を深める」「どのように出題されるかを想像する」「自ら問題を作って他の人に出題する」というプロセスは、メディアリテラシーや、教育現場で注目されている能動的な学習方法であるアクティブラーニングに通じるものがあるはずです。

そのことを皆さんが今回の大会を通じて証明してくれたなら、日本クイズ協会が目標として掲げている「部活動としてのクイズの公的地位向上」に向けて大きな前進につながることでしょう。

青春を賭けた熱い戦いになることを期待しております。皆さんの挑戦をお待ちしています。

学校関係者・保護者の皆様へ

一般社団法人日本クイズ協会は2016年の始動以来、クイズを通じて、知識を増やし教養を深め、人生を豊かにする方法を提案し、クイズ文化の普及と発展を推進してまいりました。おかげさまで、既存のクイズ愛好者のみならず、多くの方々のご賛同、励ましを頂戴いたしまして、順調に活動の幅を拡充しております。

特に注力してまいりました、部活動としてクイズに取り組みたいと考えている中高生たちへの支援の嚆矢として、このたび「ニュース・博識甲子園:全国高等学校総合クイズ大会」という、高校生対象の大会を新たに創設いたしました。

運動部のインターハイや文化部の全国コンクールのように、広く社会に公的な大会として認められ、クイズに励む高校生たちにとって目標となるようにしていきたいと、弊協会は考えております。

そのためには、多くの学校関係者・保護者の皆様のご理解とご協力が欠かせません。弊協会の目的並びに「ニュース・博識甲子園」の趣旨をご理解いただき、御支援賜りますよう、何卒よろしくお願い申しあげます。

オンライン大会開催につきまして(2020年6月11日)

このたびの新型コロナウイルス感染症に罹患されたすべての方々に心よりお見舞いを申し上げます。また、昼夜の別なく、懸命に対応を続けられている医療関係者・各事業者・行政関係者等すべての皆さまに深い敬意と感謝を捧げます。

さて、一般社団法人日本クイズ協会では、第3回となる「ニュース・博識甲子園(全国高等学校総合クイズ大会)」を本年も開催いたします。

日々刻々と変化するコロナ禍の状況を踏まえ、弊協会では、大会に参加される高校生、学校関係者、保護者の方々、また運営スタッフなど、すべての大会に関わる皆さまの健康と安全を第一にさまざまな開催方法を検討した結果、第3回大会は、全ラウンドを各チームがリモートで参加・対戦できるオンライン形式で開催することといたしました。

部活動でクイズに取り組み、日頃の努力や鍛錬の成果を発揮したい皆さんはもちろん、他の部活動やさまざまな学校行事が中止になってしまった皆さん、クイズに興味はあるけれど触れる機会がなかった皆さんなど、すべての方々に、密集・密閉・密接を避けた形で、高校生活の思い出となるような熱い舞台をご提供したいと考えております。

また、オンライン開催のため、予選会から全国大会まですべてのラウンドでご自宅からの参加が可能となります。特に、これまで予選会場までの移動が困難だった高校生の皆さんには、ぜひご参加いただければと思います。