トップへ戻る

ブログ

【ニュース・博識甲子園体験記#7】全国の高校から刺激受け、チームで大会中にも成長〜栄東・安達くん〜

2019/06/20 blog

7月15日、全国の高校生を対象にした「第2回ニュース・博識甲子園」の予選が全国で開催されます。日本クイズ協会には全国の高校から続々と参加申し込みが届いています。第2回大会の開催を前に、「第1回ニュース・博識甲子園」の参加校から寄せられた体験記をお届けします。

 

7回目は優勝した栄東高校・安達チーム(安達・森田・佐藤)の安達くんから届いた体験記です。

 

***

 

予選

はじめまして。全国大会体験記のご依頼ということで、第1回大会優勝者の身として予選筆記から書いていこうと思います。

 

当時2年だった僕にとって、競技クイズを共にやる上で背中を任せられる先輩後輩とチームを組む事が出来たことは自信や責任にも繋がっており、「勝ちたい」よりも「負けられない」の気持ちをもって予選筆記に挑みました。

 

時事問題の対策だけ少し行いましたが、想定していたよりも対策がハマっていて嬉しかったのを覚えています。とはいえ全体的な難易度は少し高めに感じたので不安な気持ちもありましたが、全国1位での予選通過を知った時は尚更「負けられない」と感じました。

 

全国大会

いざ全国大会が始まると、最初から警戒していた開成や旭丘だけでなく色々な学校が強みを発揮していて、全国大会中に何度も気合いを入れ直して臨んでいました。その結果、僕もチームメイトも刺激を受けて大会中にも成長することで、優勝する事が出来ました。ウイニングアンサーを答えた時の瞬間は忘れられません。

 


当日はTwitterで選手宣誓の画像が掲載されたこともあり、優勝の反響は大きかったです。クイズ大会で勝って学校の友達から話題にされる経験はあまり無かったので、恥ずかしいような嬉しいような気持ちでした。

 

最後に

今年は第2回ということもあって、昨年より多くの学校・クイズ研究部が参加してくる事になると思います。そんな中「チーム」として競技クイズの舞台で戦う事は今の時代そう経験出来る事では無いと思うので、少しでも興味があれば近くの友人を誘って気軽に参加してみてほしいなと思います。

 

拙い文章ですが、如何でしたでしょうか。僕は今年も参加する予定ですので、全国大会で会えることを願って筆を置かせて頂きます。

 

 

(栄東高校・安達)

 

***

 

第2回ニュース・博識甲子園の参加申し込み締め切りは6月30日。エントリーはこちらからどうぞ。

 

写真=いずれも日本クイズ協会

 

クイズ大会参加者の体験記はこちら

▼高校生向け:ニュース・博識甲子園体験記
#1 望外の結果から全国6位に 本気でクイズに向き合った(慶應義塾・高野くん)
#2 「ニュースならいけるかも」と参加 クイズに対する姿勢が変わった(仙台第二・鄭くん)
#3 「ただのクイズ好き」から「強豪たちを破った男」に(仙台第二・川嶋くん)
#4 強豪校とクイズできることが何よりの喜び(川越・尾崎くん)
#5 カメラ気にせず一心不乱に。クイズに没頭する夏を(旭丘・木下くん)
#6 競技クイズ人生初の大舞台 校内外にクイ研の活動知ってもらえた(松本深志・富取くん)
#7 全国の高校から刺激受け、チームで大会中にも成長(栄東・安達くん)
#8 今年は僕がチームを引っ張って連覇を(栄東・佐藤くん)
#9 後輩2人のナイスフォローに助けられ優勝。今年は学生スタッフとして恩返し(栄東・森田くん)

 

▼社会人向け:JQSグランプリ体験記
#1 一般常識だけでも手練のクイズプレイヤーと戦える
#2 女性が得意なトレンド問題にチャンスあり
#3 遠方の人も参加しやすいクイズ大会

OK!